キャッシングの申し込みに関する説明

キャッシングに申しこむには次の3つのパターンが知られています。

 

  • インターネットからの申し込み
  • 自動契約機からの申し込み
  • 店の窓口での申し込み

 

この中で3の窓口に直接来るという方法は、知り合いに出会う可能性があります。また窓口が開いている時間に来ないといけませんし、休日などは対応していません。それに店舗が遠いケースもあります。そうした点から不便な面が多いと言えます。その点、インターネット利用や自動契約機の利用は便利だと言えます。

 

ネット利用と自動契約機はどちらがおススメ?

ネット利用と自動契約機利用を比べると、どちらが良いのでしょうか?これに関しては、どちらもメリットとデメリットがあります。自動契約機だとスピードと言う点では優れています。それは即時にカードが発行されるからです。ただ、審査の間は待機しないといけません。それに自動契約機がある場所まで出向かないといけません。それに対して、ネット利用だと携帯で申し込めるので便利ですが、応対してもらえるのは銀行の営業時間内ということになります。

 

これらの点から考えると、ネット利用と自動契約機の利用を併用したら良いと思います。つまり、インターネットで申し込んでから、自動契約機でカードを発行してもらうと言うことです。これだとカードを銀行が営業している時間外にもらうことができます。ただ気をつけないといけないのは、こうした対応に関しては、会社ごとにかなり違いがあるということです。ですから、心配な方はコールセンターに電話して聞いてみたほうが良いと思います。

 

まとめ

キャッシングの申し込みには3つの方法がありますが、窓口利用よりも、自動契約機とインターネット利用がおススメです。ただ、自動契約機とインターネット利用はそれぞれデメリットがありますので、急ぎの方は、ネット利用と自動契約機の利用を併用する方法が良いと思います。少し時間が掛かっても良いなら、インターネットで申し込むのが良いでしょう。

キャッシング申込前の会社分類について

銀行系や信販系など、キャッシングの種類は、これらの系列は性質の違うものであるということを覚えておいてください。それだけに、各種類のキャッシングを理解して自分の状況に合ったキャッシングを見つけるようにしましょう。

 

キャッシングというものは、大きく分けて3つの種類になっています。

 

銀行キャッシング

大本が銀行であり、信頼性も抜群です。銀行系カードローンは消費者金融系のカードローンとは違い、所得証明書が不要(100万円まで)はいらないので、借入審査が比較的簡単に行えます。地銀も含めますと、その数は相当数にのぼります。

銀行と銀行系キャッシングは違う

大手消費者金融の中には、銀行系キャッシングと分類されるものもありますが、「銀行」と「銀行系」というのは名前だけのものではなく、性質もまったく違います。これは後ほどご説明します。

 

信販系キャッシング

こちらは信販会社が提供するキャッシングです。こちらは800万円を超えるキャッシングを提供できる会社も存在し、サラリーマンの年収以上の金額を貸し出してしまえる会社も存在します。

 

各会社の違いについて

これら3社の違いは、「総量規制」の対象となるかそうでないかという違いのみです。総量規制とは申込者の年収の3分の1以上の金額は貸し出せない決まりになっており、消費者金融系では総量規制の対象は問題となりますが、銀行ではこれは対象外となります。

 

傾向の違いは

  1. 銀行:審査が遅い代わりに金利が低い。サービスの内容はあまり充実せず。
  2. 銀行系:金利が高めだが無利息期間があったり、即日融資が存在するため融資が早いというメリットがある
  3. 信販系:銀行系に近い側面はあるものの、本業の貸金業ではないため、銀行系に比べ、劣っている点も多い。

 

しかし、信販系は銀行や銀行系で多重債務になっている人が信販系に行く傾向守るため、審査については緩い場合もあるということを覚えておいてください。もしあなたがこれから借りる予定があるとすれば、銀行や銀行系のキャッシングからの借り入れをされることをおすすめします。

 

気をつけておきたいこととして、3社以上の申し込みを同時にすると、複数社の申し込みを一気にするということで「この人はそんなにお金に困っているのか」と判断され、審査が通らない場合があるということも付け加えておきます。いわゆる「申込ブラック」というものです。この履歴は一定期間のスパンで消えるので深刻に考えることもないのですが、複数社に同時申し込みをするときには、気をつけておいたほうがよいでしょう。

 

  • キャッシング会社分類は、銀行、銀行系、信販系に分けられる!
  • それらの違いはおもに「総量規制」!
  • 複数同時申し込みはできるだけやめましょう!

 

まとめ

申し込みをされる方のほとんどは銀行を選択されますが、キャッシング会社は一長一短があるため、選択肢を絞らずに比較検討をしながら選ぶようにしてください。

最新カードローンランキング一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日
更新履歴