外国人がキャッシングできる場合と、できない場合の代替案について

キャッシングは気軽に借入れが出来るため非常に便利なものですが、日本にいる外国人も同じように気軽に利用できるなのでしょうか。ここでは外国人がキャッシングをする際に留意すべきことについて、キャッシングの審査の観点から分析したいと思います。

 

外国人にとってキャッシングのハードルは高い

日本国内にはキャッシング会社が複数存在していますが、それらの会社は日本人に向けて融資することを前提にしています。そこで日本人ではない外国人が融資を受ける際には、日本人とは違った審査基準に従って融資手続きが進められることになるため、日本人よりも審査は厳しくなり、かつ時間も要することになります。

 

外国人の申込に際しては、日本人が申込む際には求められない特別な書類の提出が求められる場合もあり、そのような時には本国に問い合わせて書類を届けて貰う必要が出てきます。またキャッシングの申込は日本語にしか対応していないため、日本語の能力は必須となります。

 

さらに日本滞在の目的によっては融資が受けられません。たとえば観光や特別実習生としての短期就労目的での滞在である場合には、融資が認められないのです。そこで、外国人にとってのキャッシングはかなり難しいものであると認識する必要があります。

 

外国人でもキャッシングが認められる場合

しかし、外国人という理由で一律にキャッシングが認められないというわけではありません。日本に永住資格がある場合には、キャッシングが受けられる場合があります。認められやすいケースとしては、日本人と結婚して定住し、日本で正規雇用され安定した収入がある場合です。

 

また在日韓国・朝鮮人として日本に特別永住資格を持っている場合も、キャッシングが受けられる可能性が高くなります。これらの場合は、外国籍であっても日本人と同様に定期収入があり、かつ申込者が日本語を話せる可能性が高くなるため、審査が通りやすくなるのです。

 

外国籍の場合には、ローンを検討することも必要

キャッシングは一般に、連帯保証人や保証人が必要とされないため外国人に対する審査が厳しくなりがちです。そこで外国人が借入れを考える際、現実的な選択となるのが各種ローンの利用です。ローンでは借入れに際して保証人や連帯保証人をつけることが求められます。

 

ここで金融機関の立場からすれば、保証人等がいれば貸し倒れのリスクが軽減されるため、外国人であっても審査に通りやすくなるのです。日本社会に溶け込み、保証人や連帯保証人のなり手を見つけられるほど第三者から信用されているのであれば、外国人であってもローンを利用することで借入れができるようになるのです。

 

まとめ

一般に外国籍の場合には、キャッシングの利用は困難です。例外的に外国籍でキャッシングが利用できるのは、日本人と結婚しているか、在日韓国・朝鮮人で日本に永住資格を有する場合です。ただし、外国籍であっても保証人や連帯保証人を見つけられれば各種ローンを利用することは可能です。そこで借入れが必要となった場合には、ローンの利用を検討してみることが大切となります。

最新カードローンランキング一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日