キャッシングを複数利用する時のポイント

キャッシングを利用している方の中には、一社からだけでなく複数のキャッシング会社からの借り入れを行っている方もたくさんいます。キャッシング自体は決して一社しか利用できない商品ではなく、審査結果次第では複数社からの借り入れが可能な商品なのです。

 

しかし複数社のキャッシングを利用する為には、審査にきちんと通過する必要があります。キャッシングの審査で重要なのは信用情報です。信用情報にはクレジットカードやキャッシング等の利用履歴が記録されており、日本国内では3つの信用情報機関で保存されています。信用情報に大きな欠点がない方なら、複数社からの借り入れも不可能ではありません。

 

しかし、複数社からの借り入れを行う場合には注意すべき点もいくつかあります。まず、前述のように信用情報にはキャッシングの利用履歴が記録されます。その為、複数社からお金を借りた場合、その情報も全て記録されるのです。

 

複数社からの借り入れの情報が信用情報に残ると、今後のキャッシングやクレジットカードの利用に際する審査に影響が出る可能性があります。特に残債のある借り入れ件数が多いと審査が不利になる可能性が強いので、この点には注意しなければなりません。

 

更に、キャッシングを利用する上で非常に重要になってくるのが総量規制です。これは貸金業者からの借り入れ金額を年収の3分の1に制限する法律で、複数社から融資を受けている場合は全ての債務を合算して照らし合わせることになる為、どうしても新規の借り入れ限度額が小さくなってしまいやすいという影響をもたらすのです。

 

何社からお金を借りるとしても、絶対に欠かせないのは返済能力です。その為キャッシング会社も信用情報を用いて返済能力を調べたり、総量規制に定められた範囲で無理のない融資を行ったりすることが不可欠となっています。

 

キャッシング会社の審査基準をパスして融資が受けられるとなった場合でも、利用者にはまだまだ注意すべき点があります。複数社から融資を受けると、どうしても返済日や返済方法の管理の手間も増えてしまいます。その結果きちんと返済の管理が行き届かなくなってしまう可能性もある為、より細やかな管理体制が必要となるのです。もしも複数社からお金を借りて返済管理が行き届かなくなってしまいそうな場合は、おまとめローンを利用して債務の一本化を図るのも効果的な対策となります。

 

おまとめローンの正体

おまとめローンは複数の借り入れを一つにまとめ、管理の一元化を図ることが可能な商品です。近年は便利なキャッシング商品が増えて気軽に複数社からの借り入れを受けてしまう方も少なくありませんが、借り入れが増えると返済負担も大きくなってしまいます。そこで、金利負担や返済の手間を軽減できる商品として登場したのがおまとめローンなのです。

 

おまとめローンの利点は、大きく下の2つが挙げられます。

 

  • 返済先を一つにまとめて管理の簡略化ができる
  • 返済時に発生する利息負担を軽減できる

 

複数の借り入れを一つにまとめると、返済先もおまとめローンを利用した金融機関だけに減らすことが出来ます。複数のキャッシング会社に対して返済を行わなければならない場合、どうしても返済日が増えて管理ミスが起きやすくなってしまいます。しかしキャッシングに置いて返済遅延はご法度です。おまとめローンを利用すれば返済先を一社に減らすことが出来るので、返済に関する管理の手間も軽減されるというわけです。

 

また、キャッシングの返済時には利息を上乗せしなくてはなりません。複数のキャッシング会社からお金を借りるとそれぞれの金利で利息が発生し、その額も肥大化してしまいやすくなります。おまとめローンを利用することで、利息負担を減らすことが出来ます。

 

借り入れが増えて管理が行き届かなくなってしまいそうな時は、一度おまとめローンの利用を検討してみましょう。参考ページ:おまとめに最適、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイック

 

  • 複数の借り入れを行うには、まずは信用が大切
  • 増えてしまった借り入れ件数はおまとめローンで一本化すると効果的
  • おまとめローンを使うと金利負担が減る可能性も

 

複数のキャッシングを利用する時のポイント

キャッシングを利用していて、気が付くと借り入れ件数が増えているという方は決して珍しくありません。しかし増えた借り入れは管理が難しく、返済遅延等のトラブルの原因にもなりかねません。まずは借り入れ件数を増やすのではなく、できるだけ増額等で対応するように心がけ、どうしても借り入れ件数が増えてしまった場合はおまとめローンの活用も考慮するようにしましょう。

最新カードローンランキング一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日