キャッシングはあくまでも自己責任

保証人と連帯保証人の違い

借金をする際に「保証人」と「連帯保証人」、この2つの意味は似て非なるものがあります。結論から言うと、責任がより重いのは連帯保証人です。そのため保証人をつけなければならないケースのほとんどが連帯保証人となっている事が多いのが現状です。例えば債務者が借金を返済できなくなったら、代わりに残りを支払うのが保証人の責任です。だたし「保証人」の場合は金融業者からの請求があった時に、債務者の方に請求するよう求める権利がありますが、「連帯保証人」の場合にはそれができず、請求されたら支払いをしなければなりません。

 

債務者の返済能力がないのであれば仕方ないかもしれませんが、返済能力が残っているにもかかわらず、何らかの理由で返済を拒否している場合なら、「保証人」は本人が返済できるのだからそちらに言ってくれという事が言えるのです。一方で「連帯保証人」だと、たとえ債務者に返済能力があったとしても、請求があれば支払いの責任があるのです。

 

キャッシングには保証人はいらない

キャッシングには保証人制度はありませんので、個人の責任において借り入れをする事になります。その分、借り入れをするための審査には一定の条件があって、そこをクリアできないと申し込みもできないようなシステムになっています。保証人が必要になるようなケースは色々ありますが、多額の融資において保証会社の保証を受けられない場合には保証人が必要になります。

 

キャッシングには利用限度額があるので、多額の借金をするには不向きと言えます。雇用されている会社員やパート、アルバイトだけでなく、個人事業主もキャッシングを利用する事ができますが、事業のための資金等ならば、ビジネスローンの利用を検討するといいかもしれません。

 

借りる前に返す計画を

キャッシングを利用する場合、保証人はもちろんいませんので最後まで自分の責任において返済していかなければなりません。もちろん保証人がいてもいなくても、借金に対する責任と自覚はしっかりと持っている事が基本です。キャッシングは便利な反面、自己管理もとても重要になります。

 

限度額までなら借りられるという気持ちで利用していると、あっという間に返済額が大きくなってしまうリスクがある事についてもしっかり考えておく必要があるでしょう。特に注意したいのは、既に借り入れが1社にとどまらず、借金の返済のためにさらに借金を重ねてしまうなど、複数社の利用になってきている場合には既に借り過ぎてしまっている可能性があります。

 

もし返済ができないほどの状況になってしまうと、債務整理が必要になってしまう事もあり得ます。生きていくのが困難なほどになってしまっているのであれば債務整理はすぐにすべきですが、一度債務整理をするとあらゆる種類の借金ができなくなりますので、その後の生活の見直しはより一層必要です。そのような事を防ぐためにも、借り入れの際は返済計画をしっかり立てるようにしましょう。

最新カードローンランキング一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日