金融取引で事故を起こすとどうなるか

ブラックリストは厳密には存在しない

キャッシングやクレジットカードなどの金融サービスを利用していると、ブラックリストについて耳にすることがあります。ブラックリストに登録されると、金融サービスが利用されなくなるというものです。しかし現実にはブラックリストは存在していません。キャッシングの返済トラブルなどに際し、金融機関は特別なリストを作ってはいないのです。しかし、ブラックリストに代わる存在として信用情報があります。信用情報が傷ついてしまうと、キャッシングの利用ができなくなることもあります。そこでキャッシングを利用するのであれば、信用情報の仕組みについて理解を深める必要があります。

 

信用情報は信用情報機関に登録されている

キャッシングに申し込み手続きを行うと、その時点で申請者は信用情報についての収集をキャッシング会社に与えたことになります。キャッシング利用者はすべて信用情報の提供を行っていることになり、その信用情報は「信用情報機関」と呼ばれる専門機関に送られることになります。この信用情報機関はひとつではありません。

 

『日本信用情報機構』、『全国銀行個人信用情報センター』、『CIC』の3組織が国からの指定を受けた信用情報機関として、金融サービス利用者の信用情報の管理にあたっています。各キャッシング会社は、信用情報機関に照会することで、顧客の信用情報を共有しています。キャッシング会社は融資にあたり、これら信用情報機関にストックされている信用情報を参照して審査を行います。キャッシング利用者の申し込み用紙に記載されている情報が、信用情報と異なる場合などには審査に通らないということもあります。

 

信用情報で気をつけるべきは事故情報

キャッシングを利用して融資を受けたにも関わらず、その返済を長らく滞ったり、キャッシング会社からの連絡に応じなかったりすると、それは金融取引上の「事故」として取り扱われます。事故を発生させると、それは信用情報に記載されることになります。信用情報に事故記録が残っていると、キャッシング会社から融資を受けることができなくなってしまいます。

 

融資を申し込んでも審査の段階で信用ができない人物と判断されて、審査を通過できなくなるのです。このように信用情報に事故の記録が記載されていることは、一般的に言う「ブラックリスト」に登録されているのと同じ状態になります。問題はキャッシングに留まりません。信用情報は各金融機関で共有されているため、クレジットカードの新規発行や、自動車ローンを組んだりすることもできなくなります。

 

事故として取り扱われる事象

事故を発生させてしまうと、さまざまな金融サービスの利用ができなくなります。事故はキャッシングの返済を滞納するに留まりません。クレジットカードの代金やスマートフォンの割賦金を滞らせたり、未払いにしてしまうことも事故に含まれます。また、奨学金の返済を怠っている場合も事故扱いされることがあります。債務の返済が滞ると事故扱いされる可能性は高まります。キャッシングだけに限らず、債務がある場合にはその返済を確実に行う必要があるのです。

 

事故記録を残さないためには

信用情報に記載された事故記録は、永久に残り続けるわけではありません。一般に、5年が経過すれば事故の記録は抹消されることになっています。また事故扱いされる延滞や滞納であっても、事前に金融機関に連絡をいれ、延滞する理由を説明すれば事故扱いされないこともあります。特に自然災害が発生したことなどによる延滞は、特別に延滞が認められることもあります。そこで返済がうまくできず延滞してしまう場合では、事前に連絡することが大切です。

 

事故記録があっても、融資をうけられる場合もある

信用情報は、自分でも知ることができます。信用情報機関に手数料を支払い、信用情報を取り寄せるのです。そこである信用情報機関に事故記録があっても、別の信用情報機関には事故記録がないというケースもあります。そのような場合、事故記録のない信用情報機関を利用している金融機関を利用すれば、キャッシングを受けることも可能となります。しかしこれは、あくまで緊急避難的なやり方です。一度でも事故を起こしたら、多くの金融機関を利用できなくなることに違いありません。事故は発生させないほうがよいのです。

 

まとめ

金融機関を利用する際に何よりも大切となるものが信用情報です。信用情報に事故記録があると、「ブラックリスト」に登録されているのと同様の効果をもたらし、多くの金融機関を利用できなくなることもあります。事故を発生させると、キャッシングだけではなく、クレジットカードやローンなども利用できなくなります。返済を延滞してしまう場合、きちんと連絡を入れれば事故扱いを免れる場合もあります。返済はきちんと行うべきですが、延滞してしまう時は、かならずキャッシング会社に連絡を入れることが大切です。

最新カードローンランキング一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日