最初のキャッシングは小額からがおすすめ

希望限度額が多い場合

キャッシングの希望限度額が多い場合、審査はより慎重になります。もしも返済ができなくなってしまった場合、保証人等がいるわけでもないので、最悪回収不能に陥ってしまう恐れがありますから、金融機関の方もより詳しくチェックする事になるのです。

 

消費者金融や信販会社の場合は総量規制があるので、収入証明書での確認が必要になる限度額が銀行よりも低く、50万円以上か、他社の借り入れと合算した希望額が100万円以上になると書類の提出を求められます。総量規制は年収の3分の1までの融資という決まりで、消費者金融や信販系のローンを利用する場合はこの法律が適用されます。

 

銀行のカードローンは限度額が多くても、収入証明書の提出の必要がありませんが、それはこの総量規制の対象外だからです。借り入れが何社にも及んでしまい、ひとつにまとめるおまとめローンなどは対象外のケースもありますが、消費者金融で多くの額を借りるには、それなりに収入もなければならないという点を知っておきましょう。

 

緊急でお金が必要な時にこそお役立ち!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

希望限度額が少ない場合

利用したい額が少ないのであれば、審査には通りやすくなるでしょう。キャッシングは、安定して働いていればいいのでパートやアルバイトの短時間労働をしている人でも融資を受ける事が可能です。収入に応じた借り入れになりますが、当初の希望額を10万円以内にしておくと審査が楽になります。

 

キャッシングの利用目的が何なのかがはっきりしているのであれば、その事を申告するとより信用されます。ですが、もし返済の資金繰りのための借り入れであるならば、返済能力に疑いを持たれてしまうでしょうし、生活費のためであれば、すでに収入の範囲内で生活が回っていない状態の場合はより返済にも困る可能性があると判断される可能性もあります。だからといって虚偽の申告をすれば、他社でいくら借りていて返済はきちんとできているのかどうかは、審査で詳細に調べられますので、何より正直に申告する事が重要です。

 

希望限度額によって提出書類が変わる

希望する融資の額がいくらであっても、本人確認書類は提出します。そして限度額が多いなら、収入証明書の提出が必要になってきます。消費者金融であれば50万円以上、銀行であれば各銀行の定めた金額以上で源泉徴収表や確定申告書等の書類を提出する事になります。

 

初めてのキャッシングであれば、まずは小額で申し込む事がおすすめです。その後の利用状況によっては、限度額の増額を提案される事もあるでしょう。もしも必要であればその際に限度額を増額すればいいですし、不必要に限度額を多くしておくと過度に利用してしまう心配があるのであれば、小額のままにしておいた方が安全とも言えます。

最新カードローンランキング一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日